SG50でお祝いムード

SG50-2

きのう、8月9日はシンガポールのナショナルデー。
建国50年のお祝いの日でした。
シンガポールは意外と若い国なのです。

毎年この時期になると、HDB(公団)の各世帯の窓に国旗が飾られ
愛国心がすごいなあと感心していたけれど、
50年という節目の今年は気合の入れ方が違っていて、街中いたるところに国旗が。
国旗以外にもSG50 (シンガポール50周年の意味) というロゴが街のあちらこちらで見受けられ、
SG50にちなんだ商品がいろいろ登場したり
(たとえば郵便局ではSG50限定キティーのぬいぐるみが販売されていたり…なぜキティ?)、
便乗セールが開催されたりと、しばらく国中がお祭りムードでした。

SG50-1

SG50-4

こちらは、とある駅のバスターミナル。
国旗の他に50周年を祝う垂れ幕やフラッグガーランドが。

そして祝日の少ないシンガポールで8月7~10日まで4連休。
ナショナルデー当日の昨日は、なんとバスやMRT(地下鉄)が無料で乗り放題になりました。
いろいろ太っ腹~。

ナショナルデーの目玉は、陸海空軍をはじめとするパレードや航空ショー。
有名(らしい)シンガポーリアン歌手のステージに、各民族のダンス、そして花火!

SG50-6

SG50-5
※テレビの画像より

花火は1ヵ月くらい前から毎週土曜日の夜にリハーサルとして打ち上げられるのがうれしい。
先週末わたしたちも見に行ってきました。
さすがに今年は花火の迫力まで格別でした。

SG50

目まぐるしく変化を遂げて、
今ではわたしが来た8年前とはまるで別の国のように洗練されたシンガポール。
古い街並みや文化がどんどん失われていくのはさみしいけれど
今後10年、20年後、この小さな国がどんな風に変わっていくのか楽しみです。

広告