老舗ホテルのハイティーへ

その昔、イギリス領だった頃の習慣が残るシンガポールでは
ほとんどのホテルでとっても満足度の高い
アフタヌーンティーやハイティーを楽しめます。

先日、友達のお祝いごとがあってハイティーに行ってきました。
場所はオーチャードのど真ん中、伝統的なコロニアル様式の老舗ホテル
グッドウッドパークホテル。
プールサイドにあるラウンジ、レスプレッソのハイティーはとっても有名です。

GWP

ところでハイティーとアフタヌーンティーってどうちがうの?
とよく聞かれます。
どちらも紅茶とともに、お菓子や軽食などが出てきますが
シンガポールでは料理の種類が豊富でビュッフェ形式のものを
ハイティーと呼ぶことが多いようです。

GWP2

ややこしいことに、このレスプレッソのハイティーは
ビュッフェ形式で料理も充実しているのに
正式名は「イングリッシュ アフタヌーンティー ビュッフェ」といいます……。
わたしの見解では他のハイティーに比べて料理の種類がちょっと少なめだからかな?
こちらは他店でよく見られる点心やごはんもの、ヌードルなどの料理がありません。

ですが、レスプレッソのハイティーがわたしの中では一番かも。
ビュッフェ形式の料理って、質より量という印象が否めませんが、
ここは一つひとつの料理やお菓子のクオリティーがとても高いと思います。

特にサンドイッチの種類がすごく多くて、どれも手が込んでいて本当においしい!
一口サイズだから、少食な人でも全種類制覇できます。

GWP5

料理の種類が少ないとはいっても、揚げものやオーブン料理がこんなに。

GWP3

もちろん、スコーン、クリームブリュレ、ケーキ、ムース、
チョコレートファウンテンなどの甘いものも充実。
しかも料理もお菓子も、日替わりのメニューがたくさんあるそうですよ。

飲み物がTWGの紅茶またはコーヒーから2種類も選べるのもうれしい。

GWP4

ハイティーはオーダーしなくても、お茶だけの利用もおすすめですよ。
ここのラウンジはちょくちょく利用するのですが、
都会の喧騒を感じさせないプールサイドの開放的な雰囲気で(特に外席)
ゆ~ったりくつろげます。

オーチャードでのお買い物に疲れた時などにぜひ。

GWP6

ところで、『ハッピー・シンガポール』の中では
シンガポールで一番のお気に入りのアフタヌーンティーもご紹介していますよ。
ぜひご覧になってみてくださいね。

 

L’Espresso レスプレッソ
2 Scotts Rd. Goodwood Park Hotel 1F
+65-65-6730-1743
ハイティー S$45++
月〜木 14:00−17:30
金土日祝12:00-14:30/15:00-17:30(2部制)
http://www.goodwoodparkhotel.com/l’espresso-,dining_viewItem_21-en.html

 

 

広告