オランウータンと朝食

先週は学生時代からの友達3人が遊びにきていました。
子連れだったので、総勢8人!
とっても賑やかな日々でした。

いろいろ一緒に巡ったなかでも、わたしもお初!だったのが
シンガポール動物園の名物「オランウータンと朝食」。
なんと、わたしたちが朝食を食べている目の前のステージに
オランウータンたちがやってきて、そこで彼らもごはんを食べるのです。

zoo

檻のないことで有名なシンガポール動物園、
木々を自由に行き来するオランウータンは園の人気者ですが、
普段はここまで間近で見られるチャンスなんてめったにありません!

場所は、シンガポール動物園内のオランウータンエリアの
すぐ隣にある屋外レストラン。

zoo2

9時からビュッフェ形式の朝ごはんがはじまり、
人間たちのお腹が満たされた頃(たしか9時半頃)
周囲の木々でくつろいでいたオランウータンたちが
のっそのっそとやってきました。

オランウータンたちが食べていたのは
ロンガンやサトウキビなどの果物やひまわりの種。
ちゃんと訓練されているのか、人の食べ物にはまったく興味を示しません。

zoo3

それにしても、手を伸ばせば届くほど間近で
オランウータンたちがごはんを食べているところを観察できるなんて、
動物好きにはたまりません!
子供たちよりも大人の方(というかわたし……)が大興奮でした。

ちなみにビュッフェ形式の朝食は、ソーセージ、オムレツなどの洋食の定番のメニューと
いろんな種類のパン、そして飲茶やカレーがちょこっと。
パンケーキやワッフル、フレンチトーストなんかもありました。

料金は、大人S$33、子供(6~12歳)S$23、6歳未満は無料。
※動物園の入園料は別途(入り口で買うとS$32、オンラインで買うとS$28.80)。

旅行会社では送迎と動物園の入場チケット付きのツアーもありますが、
便利で安心な分、大人S$100以上とちょいと割高。
自分たちでタクシーで行ける!という方ならウェブサイトでの予約を試してみては。
(実のところ予約しなくても席が空いていれば入れるのですが、
早めに予約をしておくとオランウータンの真ん前の席を用意してもらえるのです)

こちらがオランウータン朝食の予約ページ。→
一番上のDiningというところで、
Jungle Breakfast with Wildlife(オランウータン朝食の正式名)を選びます。
後は人数と日にち、名前、電話番号、メールアドレスを入力するだけ。
サイト上で支払うわけではないのでカードを使いたくない方もぜひ。
(当日、レストラン入り口で支払います)

zoo5

そしてこちらが動物園のチケット購入ページ。→
オンラインで購入すると10%OFFに。こちらはカードを使います。
(Single Park Tickets→Singapore Zooを選択し、人数を入力)
※シンガポール発行のクレジットカードをお持ちの方は左側を選択すると
30%OFFになります。

 

さて、オランウータンとの朝食が終われば、
ちょっと暑いけれど動物園でゆっくり過ごしたいところ。
以前のブログと、『ハッピー・シンガポール』でも
シンガポール動物園の魅力を熱く熱く語っていますよ。
ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

 

広告