スープでデトックスの日々

先日の中せいでの新年会をはじめ、
この年末年始はいろんな方と集まって
贅沢なものをたくさんいただく機会に恵まれ、
とっても幸せだったのだけど……、
調子に乗って暴飲暴食に走ってしまい(特に暴飲)
案の定、胃腸の調子がすこぶる悪くなってしまいました。

それでしばらく胃腸をやすめるために
食事の約束がない日は野菜スープだけで過ごしていました。
中医学の先生に教えてもらったデトックス効果の高いスープがこちら。

スープ

キャベツ、たまねぎ、セロリ、トマトをコトコト煮て、
塩こしょうだけで味を整えたスープです。
血液をサラサラにして疲労回復も促してくれるとか。
ベーコンを加えると味にコクが出るので、野菜だけではつらい方にはおすすめ。
またとうがらしやしょうがを加えると発汗効果が高まり、
気のめぐりもよくなるそう。

あと、くつしたを多めにはいたり、足湯をしたり、
自分で足裏マッサージをしたりと体をあたためながらケアしていると、
数日でかなり胃腸の具合が回復してきました。

冷えと食べ過ぎは万病の元だと言われていますが、それを実感……。

ちなみに、以前ご紹介した進藤義晴さんの「万病を治す冷えとり健康法」によると
冷えていると人が本来持つ体を正常に保とうとする力が乱れてしまい、
お腹いっぱい食べたくなったり、体に良くないものを食べたくなったり、
いっそう体を冷やしたくなったり、
そのほか健康をそこなうことをしてしまいがちになるとか。

食べ過ぎの根底にもやっぱり冷えがあるのですね。
体をあたためること(特に足元!)は本当に大切だなあと思います。

それから体調が悪くなっても、昔のようにすぐに薬に頼らず
自分でケアをして回復できるようになったのはとってもうれしい。
(その前に暴飲暴食をコントロールしろという話ですが……)

しばらく体調がよかったから気持ちがゆるんでいたけれど、
また気を引き締めて体のケア、温活にはげもうと心に誓った年始でした。

広告