月別アーカイブ: 2014年11月

重慶の名物料理を食べに

シンガポールは、日本に負けず劣らず
世界中のおいしいものが集まる国。

先日もお友達に連れられて、中国の重慶の名物という
烤鱼(英語ではグリルドフィッシュ)という料理を食べに行ってきました。

Chong Qing Crilled Fish

どんな料理なのかといえば、
平たくいうと、焼き魚が丸ごとどーんと入ったお鍋。

続きを読む

広告

話題のエリアを開拓中

Duxton hill

なんでもない地味な通りにいきなり素敵なお店が立て続けにオープンして
そこが注目のエリアになる、なんてことがちょくちょく起こっている
ここ数年のシンガポール。

タンジョンパガー駅周辺のエリアもそのひとつ。
『ハッピー・シンガポール』の中ではダクストンエリアや
ケオンサイクロード周辺のことを紹介していますが(上の写真はダクストンヒル)、
駅にほど近いトラスストリートにもたくさん新しいレストランやバーが!

続きを読む

シーシャがアラブストリートから消える日

Arab Street

アラブストリートの名物のひとつがシーシャ(水タバコ)。
シーシャを楽しめるレストランやバーがあちこちにあって、
軒先ではシーシャの煙をくゆらせる人たちの姿が。
なんだか異国を旅してるような気分を味わえて
わたしはシーシャがあるこの街の風景がとっても好きだったのだけど……。

続きを読む

贅沢な夕べ

昨日は市川海老蔵さんのシンガポール公演「古典への誘い」を見に
マリーナベイサンズのシアターへ。
落語と能、歌舞伎、3つの日本の古典芸能を
一度に楽しめるという濃厚な公演でした。

そして、お友達が用意してくれたチケットが
なんと前から4列目のほぼ中央!!!
こんなに近くから舞台鑑賞したのははじめてです。

ステージ

続きを読む

謎のアロマオイル

先日ふと立ち寄った生薬やさんでの出来事。

漢方やさん 4_Fotor

ちなみに、国民の7割以上を占める中華系シンガポーリアンの日常には
中国の伝統医学(中医学)が浸透していて、
街中には生薬を扱う薬局がたくさんあります。

「なにかお探し?」と英語で聞かれたものの、
あんまり英語が話せなさそうな様子のお店の人。
生薬のお茶やスープの素もたくさんあったので、
「生理痛によいお茶はありますか?」って
お腹のあたりをさすりながら聞いてみたら
なんだか引き出しの奥から取り出した怪しげな商品を手渡されました。

続きを読む

子供連れで飲むなら

この間、日本から子供連れのお友達が来ていて
夕食の後にどこかで飲もうということに。

普段、子供も一緒に飲みに行くというシチュエーションがほとんどないので
どこに行こうかと迷ったけれど、よいエリアがありました。

こちら、ロバートソンキー。

robertson quay

続きを読む