今日はディパバリ

今日はディパバリというヒンズー教にとって最も重要なお祭りの日で
シンガポールは祝日です。

ディパバリというのは光の祭典とも呼ばれていて、
闇 (悪) に打ち勝つ光 (善) をお祝いする意味があるそう。
ヒンズー教のお宅では前日からランプやローソクで光を絶やさず、
新しい服を着て互いの家を訪問しあうのだとか。
どうやらお正月のような位置づけみたい。

9月からリトルインディアのメインストリートである
セラグーンロードは華やかにライトアップされていました。

ディパバリ

昨夜、たまたまこのあたりを通りかかると、
深夜というのにすごい人混み!
(シンガポールにはインド系シンガポーリアンだけでなく、
近隣諸国から働きに来ているヒンズー教徒の人もたくさん)

ディパバリ2セラグーンロードへ向かう人々。

ディパバリ3
セラグーンロードは大渋滞。

ちょうど12時頃だったので、
花火があがるような音が聞こえたり(でも見えなかった……)
爆竹の音が聞こえたりで、お祭りムード満点でした。

リトルインディアはいたるところ光で彩られ、
カウントダウンコンサートが行われていたり
バザーが出ていたりしているそうで、
せっかくの機会だから街を歩いてみたかったのだけど、
昨夜はお友達のお誕生日をレストランでお祝いするために
ちょっとドレスアップしていたので
真夜中のリトルインディアを歩くにはそぐわないと
泣く泣くあきらめました。

ところで、秋から冬にかけてシンガポールでは
街がきらびやかにライトアップされるお祭りが目白押し。

8月末~9月頃      中秋節 (チャイナタウン / ガーデンズ バイ ザ ベイなど)
9月末~10月頃      ディパバリ (リトルインディア)
11月末~1月はじめ    クリスマス (オーチャード / シティーホールなど)
1月~2月頃       中国正月 (チャイナタウン)

多民族国家ならではのおもしろさです!
この時期にシンガポールを旅される方は
ぜひ街のライトアップを楽しんでくださいね。

※クリスマス以外は旧暦に基いて祭日が決まるのでライトアップの時期は変動的です。

広告