激しくおすすめ!のローカルレストラン

ちょっと前のブログでもご紹介した
シンガポールのおされエリア、ティオンバル。

ティオンバルマーケットの近くにおいしいローカル料理レストランがある
と書いたままになっていたけれど、
先日、そのレストランにやっとお友達と行ってきました。

シャンパンリブで有名なPor Kee Eating House 1996。
このレストラン、しばらく休業していたのだけど
春ごろに営業を再開されたと聞いて、ずっと行きたかったのです。

Por Kee

Por Kee2

ここ~?と一瞬ひるんでしまうようなローカル感満載な外観だけど
中は意外と小奇麗なのでご安心を。

Por Kee3

名物のシャンパンリブは、シャンパンに漬け込んだスペアリブです。
メニューには一口サイズで大皿に盛られたショートリブと、
1本ずつ提供されるロングリブがあるけれど、今回の目的はこのリブだったので
ロングを一人一皿ずつオーダーしました。

シャンパンリブ

どどん!と大迫力!! きれいに黒光りしています。
シャンパンやいろんなジュースで長時間マリネしているそうで、
味がしっかり染み込んでいて、めちゃくちゃ濃厚です。
このボリュームで一皿S$8!

この味を求めて国内外からファンが集まってきます。
夜な夜な大混雑のイメージだったのだけど、
この日はランチタイムだったからか空いていて、ゆっくりできました。

シャンパンリブのほかにもおいしいメニューがいっぱい。
店内には生け簀があって、新鮮な魚、カニ、エビ、カエル(!)などの料理が豊富です。
なかでも、このお店のもう一つの人気メニューのバタープラウンが絶品。
香ばしい味付けにクリスピーな食感で、殻ごとバリバリといただけます。
お店の生け簀からのとれとれピチピチを調理されるそう。

ほかにフライドライスとカイランのチリ炒めを注文したのだけど、
3人では食べきれず、まあまあな量が残ったのでお持ち帰りしました。
シンガポールでは食べきれなかった料理を気軽にお持ち帰りできるんです。
日本に比べて一皿の量が多いからかな?
お店にはお持ち帰り用の容器がちゃんと用意されていて、
店員さんに言えばすぐに入れてくれます。
よいシステムですよね。

そして、これだけ食べて一人S$20ちょっとという安さもこのお店の魅力です!

メニューは日本語表記もあって、ツーリストの方も立ち寄りやすい雰囲気なので
ぜひぜひティオンバルまで足を伸ばしてみてくださいね。

あやしい日本語表記だけど……。

メニュー

Por Kee Eating House 1996
ポーキー イーティングハウス 1996

69 Seng Poh Lane #01-02
+65-6221-0582
11:30-14:30 17:30-23:30 水休

広告