麗しのラッフルズホテル

この間来られていた日本からのお客さんには
「ザ・シンガポール」なコースを案内していました。
そして今回、お土産のまとめ買いに希望されたのは、
ラッフルズホテルのギフトショップ。

ラッフルズホテルは1887年オープンの名門ホテルです。
歴史的建造物にも指定されているクラシックホテルで
その伝統と格式あふれる雰囲気が世界中の人たちを魅了しています。

ラッフルズホテル

最近シンガポールを旅した人たちに聞くと、
ラッフルズホテルには行かなかった、またはバスで目の前を通っただけ
といった人がけっこういてびっくりでした。
わたしが来た頃は、シンガポール名所といえばラッフルズホテル!
といったかんじだったのに……。

時代は変わって、最近はマリーナベイサンズに行くのかな?
でもでも、クラシックな雰囲気が好きな方にとっては
うっとりとするほど素敵な空間なので、
ラッフルズホテルはぜひ足を伸ばしてみてほしい場所です。
ホテル内にはゲストしか立ち入れないけれど、
カフェやブランドショップなどが並ぶアーケード内は自由に散策できますよ。
ティフィンルームのハイティーもとっても有名。
(ラッフルズホテルは『ハッピー・シンガポール』の中でも
P16でたっぷり紹介しています!)

そのアーケード内にあるお土産ショップが、こちらのラッフルズギフトショップ。

ラッフルズギフトショップ

ラッフルズホテルのロゴの入った食器や、紅茶、ホテルで使われるバス用品をはじめ
衣類やステーショナリー、布小物まで、あらゆるものがそろいます。
そのどれもがとても上質で、紙袋にもラッフルズホテルのロゴが刻印されているので
大切な方へのお土産を選ぶのにぴったりのお店です。

わたしのまわりで人気が高いお土産は、オリジナルの紅茶やカヤジャム、
そしてロゴ入りのマグカップなど。
この日、わたしがつられて買ったのは、昔ながらのシンガポールの風景が
ところどころに描かれたノート(S$23)。

Singapore notebook

ご案内した方は、ここでお土産を大量買いされていました。
わたしの母世代の方なので、
日本語表記もあって、商品が上質なギフトショップは
お土産を安心して選びやすいのかもしれませんね。

 

ところで、先週末のシンガポールはF1でわいました。
まわりではけっこう観戦に行った人も多いけれど
一度行って爆音で気分が悪くなったわたしは
今年も友達と飲みながらテレビ観戦してました。
(というか、F1自体にそれほど興味がないので、飲みながらのチラ見)

屋上から花火は見えるかな?と期待したけれど、
ちょうどビルで死角でした……残念!!!

TV

 

 

Raffles Hotel
1 Beach Rd.
+65-6337-1886
http://www.raffles.com/singapore/
※ギフトショップは1階です。

広告