やっぱりチリクラブは食べとかないと!

シンガポール名物といえばチリクラブ。
シンガポールではホーカー(屋台村)にあるような超ローカル店もふくめると
実は街のいたるところでチリクラブを食べられるのだけど(そして結構安い)、
ツーリストに人気なのは、やっぱり有名どころのレストラン。
なかでも人気が高いのがノーサインボードです。

いちばん有名な支店はマーライオンやマリーナベイサンズの近くにある
エスプラネード1階のお店だけど、
ここがまたディナータイムはいつも満席状態で予約も取りづらい!
それになんだか落ち着かないセカセカとした雰囲気で
最近はあまり足が向かなくなっていました。

だけど、VivoCity店(セントーサにほど近い)の雰囲気はよかったよ
という情報をいただき、
今回の「ザ・シンガポール」なコースに組み込んでみました。
情報どおり、予約もすんなりと取れて
お店は満席状態だけどセカセカしてなくてホッ。
セントーサに近いからツーリストの人も多いのかと思いきや、
この日は地元の方の姿がほとんど。
ツーリストの人はやっぱりここのエスプラネード店か、
クラークキーのジャンボシーフードあたりに向かうのかな?
もしかしたらこの支店、ちょっとした穴場かもです。

そして、お目当てのチリクラブはこちら!
ぜんぜんフォトジェニックじゃないかんじででてきたけれど、
食べやすいように細かく分けてくれています。これでカニ1杯分。

チリクラブ

ここのチリソースはスパイシーだけどまろやか。
バンズ(小さなパン)につけてソースもたっぷり味わって。

シーフードレストランなので
エビや貝などのシーフードメニューもたくさん。
(写真にないのだけど、バンブークラムという
長細い貝のガーリック蒸しがイチオシです!)

シーフード

この日はほかに、カイランのガーリック炒めや薬膳スープなどもいただきました。

このお店はVivo Cityという巨大ショッピングモールの屋上にあるのだけど、
ここから眺めるセントーサの夜景もなかなかでしたよ。

ちなみに『ハッピー・シンガポール』では、
クラークキーからほど近いロバートソンキーにあるけれど
比較的ゆったりとした雰囲気で地元の人たちに人気の
レッドハウスというチリクラブの名店をご紹介しています。
(こちらのチリクラブも絶品!)
ぜひチェックしてみてくださいね。

No Signboard Seafood Restaurant
無招牌海鮮 ノーサインボード
1 Harbourfront Walk #03-02 VivoCity
+65-6376-9959
11:00-23:00
http://www.nosignboardseafood.com

広告