機内の冷え対策

ただいま、久しぶりに日本です。
建物や乗り物の中のエアコンがエコ設定だからか、
体感温度は確実にシンガポールよりも暑い〜〜!
季節柄、お墓参りや法事が続いていますが、
喪服を着て外を歩くのが拷問のようです……。

だけど、相変わらず帰りの飛行機の中は
凍えるほどエアコンがききすぎていました。
寒がりのわたしは、機内ではいつもしっかり冷え対策。
前は上半身にババシャツやカーディガンを着こんでいたけれど、
冷えとりをはじめてからは
厚手のレギンス+くつした5枚(絹、綿、絹、綿、毛)
+レッグウォーマー+ロングスカート
と、足元の冷え対策を集中的に強化(真冬並みです)。

足元

機内では、このうえにひざ掛けにブランケットと大判ストールを
2枚重ねでかけてました。

ここまであたためると、上半身はシャツ1枚でも平気で、
厚着による肩こりからも解放されました。
やっぱり冷えは足元から、ですね。

それから寒い機内では温かい飲み物が恋しくなるものですが、
何度もお茶をお願いするのも申し訳ないので
保温水筒とティーバッグを持ち込んでいます。
CAさんに頼んで保温水筒に熱いお湯を入れてもらったら、
いつでも温かい飲み物が手元にあって安心です。
(これは以前CAさんに教えてもらった裏ワザ!)

機内の冷え対策、ぜひぜひ試してみてくださいね。

広告