公園にサルが!

高層ビルが建ち並んでいて、都会的な印象が強いシンガポールだけど
実は自然がいっぱい。
街中にも緑が多くて、ガーデンシティなんて呼ばれたりして。
そのおかげで、湿度が高くて蒸し暑い気候なのに、
木陰に入ると涼しいのです。

オーチャードエリアからがんばれば歩いて行ける
シンガポール植物園(ボタニックガーデン)は、
なんと、東京ドーム10個以上がすっぽりおさまる広さ!
ほかにも、熱帯の大自然を感じられる自然保護区や公園、
遊歩道などがいろんなところにあって、気軽に大自然と触れ合えます。

こちら、大規模な公園を紹介した観光局のサイト→

DSC_0062_Fotor

わたしは緑の中でのんびり過ごすのが好きなので、
(断然、海より森派 ←シンガポールには山がないので森)
休日にはよく犬を連れて公園にピクニックにでかけます。
この週末には、ウエストにあるブキバト自然公園に行ったのですが、
なんとなんと、10匹以上のサルがたむろしていました!

写真 1 のコピー 2_Fotor

 

写真 2 のコピー 2_Fotor

公園ではリスや大とかげとよく遭遇するけれど、サルははじめて!!
でも、日光のサルみたいに人を襲うことはなく、
勝手にくつろいでいる雰囲気でした。

犬とサルは相性が悪いはずなのに、
うちの犬を見ても知らん顔で、無防備にくつろぐサル。

写真 1 のコピー_Fotor

熱帯の木々や花を見ながら歩くだけでも楽しいのに、
動物園気分まで味わえるとは!

旅行中、街歩きに疲れたときには
ランチやワインを買って、
近くの公園でのんびりするのもおすすめです。

写真 2_Fotor

うちの犬はサッカーが好き。

 

広告