部屋もデトックス

写真-6_Fotor

仕事が忙しい時期にはついつい後回しにしてしまう家のこと。
「ハッピー・シンガポール」の制作では、
たいてい1週間くらいで終わる締め切り直前のあたふた状態が
1ヵ月くらい続いて、家がえらいことになってしまいました。
7月後半に妹家族が遊びに来るので、いま掃除、片付けの真っ最中です。

それにしても、気を抜くと物ってすぐに増えますね。
シンガポールに来てからは、
こちらの住宅事情(※)により2、3年に一度引っ越しているので
その都度いらない物を捨てたりあげたりしている気でいたけれど、
いつの間にかまた増えてる……。

※シンガポールの賃貸住宅の契約はたいてい2年。
去年あたりまで、家賃が年々高騰していたので
契約が切れた時点で家賃をどんと上げられて同じ家に住み続けられなくなって
契約が切れる度に引っ越しせざるを得ないという在星外国人がたくさんいます。
(シンガポーリアンのほとんどは持ち家です)

今の家は収納スペースが少なく、物が少しでも増えるとあふれだすので
服とか靴とか本とか雑誌とか化粧品とか食器とか、
使わないものをこまめに処分していないとすぐ散らかります。
引っ越してくる時には収納の少なさに嘆いたけれど、
物があふれてきたら処分しなきゃ、と思えるのでよいかも!
と、今になって思います。

逆に前の家はものすごい収納スペースが豊富で、引っ越しの時には
こんなものまで取ってあったの~?!
と呆れかえるような不要品やガラクタがたくさん出てきてげっそり……。

いらないものを溜めこむのは、風水的にも運気が滞るのでよくないそう。
部屋だけじゃなくて、からだも、こころも溜め込んで滞った状態はよくないですね。
いらないもの(からだ=毒素や老廃物、こころ=ネガティブな感情やストレス)は
さっさと出してしまうことが大事。

不思議なことに、部屋が片付いてくるとこころの中も整理されてスッキリ。
体調もよくなる気がします。運気もよくなるそうだし、
いろんなものは、見えないところでつながってるのかも。

気分がいいので、しばらく部屋のデトックスに励みます!

※写真は去年の引越しの時の雑誌大処分の様子。
これくらいの雑誌のタワーが3つありました。溜めこみすぎ……。

広告