大人の遠足 ファーマーズマーケット

クランジ_Fotor_Fotor

週末、お友達に誘われて
ファーマーズ マーケットなるものに行ってきました。

開催地は街中からタクシーで30分近くかかる
クランジ ファームリゾート(Kranji Farm Resort)という
シンガポールの北西の果てにある場所。

西の果てまで突っ走ると、大きな霊園以外になにもない一本道をひたすら北上。
しだいに緑が鬱蒼と茂る田舎道になっていって、
「えー!こんなさみしい場所でイベントなんてする?! 」
「まさかわたしたち、さらわれるんじゃないかしら??」
と、かなり心細くなってきて車内がざわついてきたころ、
その田舎道でいきなり車の大渋滞ができはじめ、
ほどなくしてクランジ ファームリゾートに到着したのでした。
(タクシーの運ちゃん、疑ってごめん……)

さて、ファーマーズ マーケット。
食料の9割以上を輸入に頼るシンガポールに農場なんてあるの?
と思われる方も多いかもしれないけれど、
国の北部にいくつか大きな農場地帯が点在しているんです。
クランジ カントリーサイドもそのひとつ。
農場などではファームツアーなども開催しています。

今回のファーマーズ マーケットでは、
クランジ一帯の農場や魚やカエルの養殖場などが出店していました。

農場1_Fotor_Fotor

農場2_Fotor_Fotor

カエル2_Fotor_Fotor

↑ カエルの試食もありました!(近くに養殖場があるのです)
シンガポールではカエルを使った料理はめずらしくありません。
ローカル色の強いスーパーではふつうに売られているくらい。
鶏肉のようなフグのような、淡白な味でけっこういけます。
興味のある方は、ぜひ挑戦してみて!

農場ブースのほかにも、ブレンドティーやグラノーラ、
いろんな種類のナッツのバター、いろんな種類のフルーツのジャムなどなど、
これからメジャーになりそうなメイド イン シンガポールの商品がたくさん。
説明を聞きながら、試食をしながら、あっちこっちブラブラ……。

お茶_Fotor_Fotor

グラノーラ

わたしがシンガポールに暮らしはじめた7年前と比べると
食文化が急速にヘルシーに、おしゃれに進化してきているなあ、と感じました。
うれしいことです。

帰り道、窓からマレーシアのジョホールバルがこんなに近くに見えました!
えらく遠いとこまで来たもんだ……、って小旅行気分にひたっていたのだけど、
よく考えるとシティエリアから車でたったの30分。
タクシー代も昼間ならS$30かかりません。(S$1≒¥81)
シンガポールって、ほんとにコンパクトな国です。

JB

 

Kranji Countryside
http://www.kranjicountryside.com

広告