中国茶で贅沢ティータイム

「あとがきのあとがき」はひとしきり書いてしまったので、
今日は最近のお気に入りのお店について。

旅の合間、遊び疲れて今日はゆっくり過ごしたいなあ、なんて日には
ティーサロンで優雅にティータイム……というのもおすすめです。
かつてイギリス領だったシンガポールでは
本格的なアフタヌーンティーを楽しめるんですよ。
(ちなみにわたしのイチオシのリッツカールトンのアフタヌーンティーについては
「ハッピー・シンガポール」のなかでくわしくご紹介しています)

ほかにも、国民の7割強が中華系で、中華文化が色濃いシンガポールでは、
中国茶の専門店や素敵なティーサロンもいくつかあって、
いろんな種類の中国茶と一緒に料理やお菓子を楽しめるのです。

わたしのおすすめのティーサロンはTea Bone Zen Mind。
古いショップハウスを改築した素敵な空間に、
中国茶を中心とした茶葉と茶器が集まっています。

写真-6

先日、このお店で人気の、お茶とお菓子のマリアージュを楽しむ
“サンプル ティーセッション” なるものに行ってみました。
メニューは日によって異なるそうですが、
冷たいフルーツティー、中国茶、ハーブティーという3種類のお茶と、
それぞれに合うお茶うけが順番に出てきます。

写真 2

2番目に出てくる中国茶は1煎目、2煎目、3煎目、4煎目……と
味や香りの変化を楽しめるので、おしゃべりしながら
いったい何煎飲んだだろう?というほどいただきました。
お茶うけは、ドライフルーツやお茶で煮込んだ卵、炒りベーコン、
せんべいやクッキーやパイ、チョコレートなど、
とっても多彩で次から次へと出てきて、
ティータイムの楽しさを盛り立ててくれます。

このサンプル ティーセッション、お値段はS$45とちょっぴり贅沢だけど
お茶にしてもお茶うけにしても、器づかいがとても洗練されていて
うっとり、優雅な気分を味わえますよ。
(※サンプル ティーセッションは事前予約が必要です)

写真 1-2

店内では、オーナーが厳選したという茶葉やセンスのよい茶器も販売。
茶葉は1袋S$20ほどで、きれいにラッピングしてくれるのでお土産にも最適です。
いろいろ種類があるけれど、わたしのお気に入りはフルーツの香りのする烏龍茶。
口のなかでフルーツの香りがふわっと広がる上品なおいしさで絶品なのです。
種類はライチ、アップル、桃があります。

ちょっとショッピングや観光のエリアからは離れているのだけど、
タクシーでほんの5分ほどの距離なので、中国茶や茶器に興味のある方はぜひ。
茶葉を買いに行くとお茶を出してくれるので、しばらくのんびりくつろげますよ。

Tea Bone Zen Mind
20 Hoot Kiam Rd.
+65-6334-4212
http://teabone.com.sg

※サンプル ティーセッション S$45(要予約)

追記)
こちらのお店は移転しました。
新しい住所:98 Emerald Hill Rd.

広告